三日坊主のマイブームだ

地味だけど『きっと誰かの役に立つ!』記事を心がけている雑記ブログ

初めての宇都宮餃子食べ歩き!有名店4軒ハシゴ餃子

宇都宮の餃子食べ歩き

f:id:ottopapa:20180815205506j:image

「餃子のまち」と言えば、「宇都宮」が浮かぶほど、私の中では「宇都宮」とは「餃子」で有名な都市です。「静岡県浜松市」も「餃子の消費量日本一」になるくらい、優実ですが、関東圏在住者としては、どうしても「宇都宮餃子」に親近感があります。

 

どうも、三日坊主飽男(みっかぼう ずあきお) (@myboomda)です。

この記事では、私が初めて体験した「宇都宮餃子食べ歩き一人日帰り旅行」の中で、実際に食べてきたお店のことを簡単にご紹介します。

 

こちらの記事も合わせてお読みいただければ。。。


 

宇都宮みんみん

f:id:ottopapa:20180815210340j:image

宇都宮の餃子と言えば「みんみん」はとても有名です。

今回最初に訪れたのは宇都宮駅について、そのまま駅ビル3Fにある「宇都宮みんみん ホテルアール・メッツ店」です。

 

エスカレーターを上がると既に長蛇の列。約30分待ちとのことでした。

この時に事前の情報収集不足のため、知りませんでしたが、同じフロアになんと「宇都宮みんみん ステーションバル」なるものがありました。

f:id:ottopapa:20180815210203j:image

「みんみん」ではあるようですが、「違い」がわからず、早速スマホで調べてみました

同じ「宇都宮みんみん」のお店ではあるけど、違いは2つ

  1. 「バル」の名の通り、お酒が充実している
  2. 「揚げ餃子」がない

この違いだけのようです。

 

結局、大人しく「宇都宮みんみんホテルアール・メッツ店」で餃子を食べることにしました。

 

f:id:ottopapa:20180815210511j:image

「宇都宮みんみん ホテルアール・メッツ店」で食べたもの

  • 焼餃子(一人前6個) ¥230-(税別)
  • 水餃子(一人前6個)¥230-(税別)
  • 生ビール(一杯) ¥450-(税別)

合計:983円

 

一言:「焼餃子」と「水餃子」と「ビール」これだけなら、「宇都宮みんみん ステーションバル」の方が、お客さんの回転は速かったので、そちらで食べても良かった。

 

宇都宮餃子館

f:id:ottopapa:20180815205932j:image

 2軒目は「宇都宮餃子館」の「東口駅前広場店」です。この「宇都宮餃子館」は駅周辺だけでも店舗数も多くあるので、「待つことのなく、入店しやすいのでは?」

そして、「12種食べくらべ」の文字に惹かれ、入店することに決めました。

 

f:id:ottopapa:20180815205713j:image

写真だけでは、「焼き餃子12個」にしか見えませんが、餃子の中身の具材が違います。

 

f:id:ottopapa:20180815205848j:image

「宇都宮餃子館 東口駅前広場店」で食べたもの

  • 12種食べくらべ 850円(税込)
  • 生ビール 580円(税込)

合計:1430円

 

一言:店舗数が多いので「宇都宮で餃子が食べたい」けど「待つのは嫌だ」という人にはいいかもしれません。

 

正嗣(まさし)

ここは行ってみたかったのですが、なんと「お休み」でした。本店・支店含め、調べた範囲ではお休みだったので、今回は諦めました。次回「餃子食べ歩き」をする時には必ず寄りたいと思います。

 

餃天堂

f:id:ottopapa:20180815205221j:image

「もちっと餃子」の看板がある「餃天堂」さんを3軒目に選びました。

理由は「行列がでいていたこと」と「もちっと餃子」と看板にあり、興味がわきました。

 

調べてみるとここの餃子は「マヨネーズと唐辛子」で食べるとのこと!

f:id:ottopapa:20180815205117j:image

 ここでは「3・3」という、「餃子食べ歩き」にとって親切な「焼き餃子3個」と「水餃子3個」のメニューがありました。二人ずれには「4・4」もあるので、喧嘩にならず、わけて食べられます。

 

「餃天堂 駅西口店」で食べたもの

  • 3・3セット(焼餃子3個、水餃子3個) 480円(税別)
  • 生ビール 500円(税別)

合計:1058円

 

一言:「焼き餃子にマヨネーズをつけて食べる」とお店の方にも言われたけど、私には

「酢」「醤油」「ラー油」を合わせた基本が合いました。

 

来らっせ

f:id:ottopapa:20180815203932j:image

4軒目は「来らっせ本店」ここは、5つの餃子専門店の味が楽しめる「常設店舗」と宇都宮餃子会加盟の33店舗の餃子が日替わりで楽しめる「日替わり店舗」の2つの店舗があります。

 

さすがに4軒目は行列が少ない「日替わり店舗」を選びました。

日替わり店舗のメニューでも、「A盛り」「B盛り」と2種類あります。

一皿餃子10個ですが、各店舗の味が2個楽しめるので、5店舗分の餃子が食べられます。

お腹に余裕があれば、「A盛り」「B盛り」と2つ注文すれば、10店舗20個の餃子が一度に堪能できます。

f:id:ottopapa:20180815204051j:image

 木曜日のメニューB盛りは以下の5店舗の餃子でした。

  1. きりん
  2. さつき
  3. 味一番
  4. 玉ちゃん
  5. 鵜の木

さすがに、この日すでに餃子を30個食べていたので、20個食べる気にはなれず、10個で終了しました。

 

「来らっせ本店 日替わり店舗」にて食べたものは

  • B盛り 650円(税込)
  • 地ビール 540円(税込)

合計:1190円

 

一言:「餃子食べ歩き」ではあるけど「歩きたくない方」におすすめ!ここなら多くの餃子専門店の餃子が一か所で食べることができます。

 

「餃子食べ歩き」費用まとめ

「宇都宮みんみん」 983円

「宇都宮餃子館」   1430円

「餃天堂」      1058円

「来らっせ」     1190円

合計:4661円

宇都宮餃子を食べ歩きして、ビールも飲めて5000円弱。交通費を入れても1万円でお釣りがでるほどの金額で十分楽しめた「日帰り旅行」でした。 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時にまたお越しください。