三日坊主のマイブームだ

地味だけど『きっと誰かの役に立つ!』記事を心がけている雑記ブログ

スポンサーリンク

映画【64-ロクヨン】-横山秀夫の原作は映像になっても良かった

 64(ロクヨン)の映画を観た

f:id:ottopapa:20180121212152j:plain

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

週末に映画【64(ロクヨン)】を観た。前編と後編の2本を土日に一本づつ観た。

 

64(ロクヨン)は横山秀夫氏の原作を読んでいたし、何年か前にピーエル瀧氏が演じてNHKのドラマにもなっていた。

 

ストーリー自体は小説を読んだり、ドアラマを観ていたので、どの役柄を誰がどう演じるか?それを楽しみに映画版「64(ろくよん)」を観ました。

 

64-ロクヨン-前編

64-ロクヨン-前編

 

 

64-ロクヨン-後編

64-ロクヨン-後編

 

 

 

映画も小説も楽しめる「64(ロクヨン)」

 

 

    映画【64(ロクヨン)】あらすじ

昭和64年、一週間しかなかったこの年に、少女誘拐殺人事件が発生します。これが通称「64(ろくよん)事件」と呼ばれるものです。

 

この時は、昭和天皇崩御のため、誘拐事件の報道は目立つことなく、「誘拐殺人事件」として、未解決のままでした。

 

そして、時効まであと1年というところで、この「64(ロクヨン)事件」を模倣した誘拐事件が発生します。

 

単なる誘拐事件ではなく、警察による隠ぺい工作があったり、人事争い、警察広報と新聞社との対立など様々な要素を含み、「64事件」と模倣された「誘拐事件」の2つが無関係ではなくなっていく、様子が徐々に明かされていく、横山秀夫作品の中でもお気に入りの1冊の映像化は、期待を裏切らないものになっていました。

 

    豪華キャスト映画「64(ろくよん)」

本作「64(ろくよん)」の主人公「三上」役に佐藤浩市さんをはじめ、豪華キャストの顔触れは以下の通りです。

 

  • 諏訪役:綾野 剛
  • 三雲役:榮倉 奈々
  • 荒木田役:奥田 瑛二
  • 二渡役:中村 トオル
  • 松岡役:三浦 友和
  • 幸田役:吉岡 秀隆
  • 秋川役:照英
  • 雨宮役:永瀬 正敏
  • 目崎役:緒方 直人

 

なかなか豪華なキャストが出演しています。

 

     64(ろくよん)以外にも、唸る結末の本が多い横山秀夫作品

横山秀夫さんの本は、大好きです。

読んでいてどの本も派手さはありませんが、「じっくり読んで、最後に唸る!」結末が印象的な作品が多いです。

 

テレビドラマにもなっている「臨場」なども好きな作品ですが、それ以外にも横山秀夫さんの本は、読書好きには一度は読んでもらいたい作品が多くありまs。

www.myboomda.com

 

    映画「64(ロクヨン)」は前編・後編あるけどあっという間

小説では600頁にも及ぶ内容の「64(ロクヨン)」ですが、映画になったら「2時間でまとまるのか?」なんて気になっていましたが、やはり「前編」「後編」と分けて、丁寧に映像化されています。

 

中途半端に、省略されたストーリーにならず、原作に沿った内容で見応え十分な作品でした。

 

時間的には「映画2本」観たのと同じですが、内容がいいだけに時間が過ぎるのはあっというまでした。

 

    小説「64(ロクヨン)」を読み直そう

一度読んでいる小説を、映画を観た後に、再読しようなんて滅多に思いませんが、この映画「64(ロクヨン)」は原作をもう一度読んでみたくなるような作品でした。

 

原作も映画もそれぞれ、持ち味があり、どちらも楽しめる作品ってそんなに多くない気がしますが、この「64(ろくよん)」は、小説でも映画でも、どちらでも楽しめる作品の1つです。

 

Amazonプライム会員なら、プライムビデオ観られますよ!

今度の週末にでも、ぜひご覧ください。

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

 
64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村