三日坊主のマイブームだ

三日坊主のマイブームだ

読書、ブログ運営、蕎麦、鉄道などマイブームと雑記のブログ

年間100冊本を読むなら『紙の本がいい』!と思う理由3つ


 紙の本の良さを再認識

f:id:ottopapa:20180108145518j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

2017年12月にKindle Paperwhiteを購入して以来、毎日欠かさず手元に置き、電子書籍の読書を楽しんでいます。

 

しかし、正直Kindleでの読書は、読後の「達成感」みたいのが感じられない。物足りなさを感じます。

 

年間100冊本を読むのを目標にしているので、「達成感」があるといいです。紙の本には「達成感」を味わえる良さがあります。

 

その良さを含め、年間100冊本を読むなら、紙の本がいい理由を書きましょう。

 

タイトル

 

 

  Kindleの不満点

まず、Kindleの不満点を先に挙げてみましょう!

 

  1. 読んだ実感がもてない、「読み応え」がない!
  2. 「5分で読める本」「20分で読める本」などは「読んだ!」と言えるか?
  3. ネット記事の感覚でしかない!

 

もちろん、Kindleでの「読書」は便利で否定はしません。今でも使っています。

 

ただ、電子書籍で100冊読んだとしても「年間100冊本を読んでいます」と胸を張って言えない気がします。

 

うまく表現できませんが、「後ろめたさ」「罪悪感」のよなものが残ります。

ここがKindleの一番の不満点かもしれません。

 

  「紙の本がいい!」理由1

読み応えがある

一般的に本は見開きで読んでいくときに、右側へページを送ります。

 

仮に、200頁ある新書を読み進めていくと、30頁読み終えると、右側が30頁、左側に170頁残っていることになります。

 

半分読めば当然、左右100頁づつとなります。

 

そして残り10頁くらいになると、読みはじめの頃はわずかだった右側のページ(紙の枚数)が190頁分、しっかりと手ごたえある重さになっています。

 

この「重み」の部分が、本の「読み応え」の一部になっている気がします。

 

  「紙の本がいい!」理由2

「冊子」と「本」との区別ができる

「短編集」などは、「短編」がいくつもあり、「本」としての体裁を持っています。

しかし、電子書籍では「短編」1つだけでも、独立して読むことができます。

 

もし、「短編」1つだけの内容の本があったら(あるかもしれませんが、私は知りません)、それを読んで「本1冊」とカウントするでしょうか?

 

なんとなく、小冊子的なものととらえ、「読書1冊した」とはならないと思います。

 

本を読む!というならせめて、新書くらいの厚さ(200頁前後)を読んでから言いたいものです。

 

紙の本なら、文章の量によって「冊子」と「本」との区別がつく点がいいところです。

 

 

  「紙の本がいい!」理由3

満足度が違う

電子書籍のいいところの1つは、「重さ」が負担にならないところです。

紙の本ではページ数の分だけ紙の重さが増え、重く感じます。

 

しかし、この「重さ」が感じられないと、ネットの記事を読んでいるのと大差ないような気がします。

 

仮に、1000頁ある同じ本を、「紙の本」と「電子書籍」の2つで読み比べたら、内容が同じでも、「紙の本」の方が「満足度」は高いと思います。

それに、記憶に残るのも「紙の本」のような気がします。

 

電子書籍だと、どうしても「画面を見ている」感覚の方が強く、「字を読んでいる」気はしません。

 

読書をしているより、長い文章のネット記事をみているだけ、というのが正直なところです。

 

 

  紙の本と電子書籍の使い分け

年間100冊読書をするには、「紙の本」が私には満足できそうです

情報収集、ノウハウ系は「電子書籍」でポイントだけ読んでも良さそうです。

 

たぶん、電子書籍に不慣れなだけかもしれません。

これからの時代は、電子書籍に触れる時間の方が、紙の本より長くなるかもしれませんね。

 

でも、私の場合は使い分けをしても、当分「紙の本」での読書の方が楽しめ、満足できそうです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村