三日坊主のマイブームだ

三日坊主のマイブームだ

読書、ブログ運営、蕎麦、鉄道などマイブームと雑記のブログ

ブログの予約投稿済記事は複数あると便利


二度目!連続更新ストップになるところ

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

f:id:ottopapa:20170312161610j:plain

今日は正直焦っています!自業自得ですが「予約投稿済」の記事ストックがない状態で、今日急遽外出することになり、ブログ記事の作成ができていませんでした。

現在23時少し前です。これからこの記事を1時間以内に書き上げて、何とか連続更新を維持したいものです。

前回、ブログの連続更新がストップした時も、想定外の出来事があり、ブログ記事作成のつもりができず、更新がストップしてしまいました。

その時の記事がこちら「連続更新ストップ! 」です。100日連続更新の直前でストップしてしまいました。

今回もあと数日で100日連続更新になるところです。もし、今夜この記事ができていなければ、同じ結果になるところでした。

 

何が起きるかわからない

 

 

        想定外の予定出来事

本来、今日は仕事がお休みなので、家でブログ記事を作成するつもりでした。しかし、妻からの突然の申し出があり、外出することに。この外出は単なるお出掛けではなく、ある意味家庭の事情的なことで致し方ないことでした。

そのため、慌ててブログ記事を作成しようと思いましたが、短時間で書けるような記事も思いつかず、時間もなく、断念。

 

このように、「自分の予定」とは別に想定外の予定や出来事が起こることはこれからも起きることでしょう。現在の私はブログの「毎日更新」を心がけているので、やはり想定外のことも考慮して、「予約投稿済」記事のストックをいくつか用意していた方が良いと痛感しました。

 

        理想は一週間分の記事をストック

仕事が忙しくて、記事の更新ができないことがありました。仕事以外でも記事の作成・更新ができない時は、いくつか考えられます。

  • 体調不良(入院・ケガなども含む)
  • 突発的な用事(5月に父親が亡くなった時など)
  • 急な外出(今回の家庭の事情)
  • パソコンの故障(メインのデスクトップは現在故障のため利用不可)

このほかにも、「いつ何が起きるか?」わかりません。そのため、ブログ記事の連続更新をするには1週間分くらいの記事ストックはあった方が私には安心です。

        ストック記事を減らさないためにすること

一時期、週末に記事をまとめて書いて、「予約投稿」ができていました。しかし、変に安心してしまい、「予約投稿」記事の予備がある間に新しい記事をさせず、書き溜めていた記事をどんどん消費してしまい、予約投稿記事のストックがなくなってしまいました。

 

現状は、その日に書いた記事を翌日の「予約投稿」記事として用意して、翌日にはまたその翌日分の記事を書く繰り返しになっています。

 

だから、ちょっとでもペースが乱れると、今夜のように慌てて何とか記事を書くことになってしまいます。これではよくないので、「予約投稿記事」でも「緊急時用」として一週間分くらい用意します。

そして、それを減らさないために、やはり「毎日記事作成」をしないといけないと思います。これしか緊急時用の「ストック記事」を無駄に使用せず、減らさない唯一の方法だと思います。

 

        仏滅だから悪いことが起きるのか?

今日はギリギリ記事がなんとか投稿できそうです。しかし、なんでこう記事のストックがない時に、急な外出になってしまうのか?タイミングが悪すぎです。

 

カレンダーをみるとやはり「仏滅」。私は本当に仏滅にはいいことがないような気がします。

以前こんな記事「なぜ、私は仏滅に悪いことが起きるのか?」も書いたことがあるほどです。

        連続記事更新100日は達成させたい!

www.myboomda.com

私は一度ブログの連続更新がストップしており、8月12日から再開して、今日までなんとか連続更新を継続できています。

そして、先日11月12日を無事迎え、「3か月連続更新」はなんとか達成できました。だから、あと数日更新が継続できれば「100日連続更新」が達成できます。

前回100日連続更新ができなかたので、「三日坊主」の身としては何とか100日連続更新は今度こそクリアしたいものです。

 

ギリギリだけど何とか今日も更新ができました!!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村