三日坊主のマイブームだ

三日坊主のマイブームだ

読書、ブログ運営、蕎麦、鉄道などマイブームと雑記のブログ

読了『もう、がまんしない』実践すればいい人生送れるかな?


「自分らしく」生きる練習とは

f:id:ottopapa:20171001204206j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

正直、なかなか難しい本でした。書いてあることを理解することはできても、自分が実行できるかは疑問なことばかり書いてありました。

でも、もし自分が実践出来たら、「人生変わる」って印象を受けました。

ものの考え方次第なのだろうけど、今までのしがらみみたいなものもあり、かなりハードルの高いことが書かれていると思う。

50歳の今読むよりもっと若いころに読んでいたら、この本についてどう思ったのかな?

「生き方」について悩んだときに読んでみるといい本かもしれない。

 

「もう、がまんしない」
  1. もうがまんしない
  2. 書籍データと著者略歴
  3. 目次
  4. 要約概要
  5. 読後のメリット、印象や今後の自分への影響

「もう、がまんしない」

この本を選んだ理由

正直、選んだ理由は「忘れている」いつ図書館で予約したかも忘れてしまっている。この本が手元に届くまでにはかなり時間がかかったのだと思う。

でも、きっと4月に読んだ本の中に「哲学」系の本があったからその時に、マイブームとなり、読んでみたいと思ったのかもしれません。

www.myboomda.com

書籍データと著者略歴

書籍データ

  • 著者: 心屋 仁之助
  • 出版社:大和書房
  • 発売日:2017年02月04日
  • 単行本:232ページ

著者略歴

1964年兵庫県生まれ。心理カウンセラー。「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォーム心理カウンセラー」として活動。

公式ブログ「心が風に、なる」は月間1000万アクセスの人気ブログ。

ameblo.jp

目次

  • はじめに
  • そのまんまでいい
  • パターンを崩せ
  • がんばらない
  • 迷惑をかけろ
  • シフトしていこう
  • ぜんぶ気のせい
  • 自分に過保護に
  • そもそも幸せなんだ
  • 素直になれ
  • いまを、笑おう
  • 損しよう
  • ゲスいやつになろう
  • いいひとぶるな
  • ちゃんと、生きよう
  • おわりに

引用:本書「もう、がまんしない。~「自分らしく」生きる練習」より

要約概要

「今のままの自分でいい」、「我慢はしなくていい」。どちらかといえば「常に頑張らなくてはいけない!と思い込んでいる人には抵抗があるかもしれません。

「素晴らしくなってからの自分を認める」のではなくて「現状の自分をあきらめて、認めて、はじめて「こんな自分」がイヤじゃなくなる。

引用:本書「もう、がまんしない。~「自分らしく」生きる練習」より

「自分のやりたいことだけをやる」「好きなことだけして生きていこう」なかなか現実的にはできないようなことですが、この本ではそれをすることによって物事がいい方向に循環すると書かれています。そして、物事の考え方の順番を変えるだけで、いい影響がでてくることを紹介している本です。

読後のメリット、印象や今後の自分への影響

この本の中で「恨み」について書かれているところがあります。

  • 「あんなこと、された」
  • 「あれを、してくれなかった」

恨みって大抵この2つ。たしかにこの2つに大別される。

これを1つにしてみると

「もらえるはずの愛がもらえなかった」ということらしい。

そしてそれを許せず、ずっとずっと何年も拗ねている。これは確かに時間がもったいない。「恨み」に時間を割くなら、もっと前向けなことに時間を使いたいものだ。

また、特に印象に残った個所は以下の文章。

「がんばらずに、楽しむ」

「努力しない」

「好きなことだけする」

「イヤなことは即刻やめる」

そうしたら、「がんばらないほうが報われる」人生にかわるのです。

これってできそうでなかなかできないことだと思う。これからは少し意識して「がんばらないよう」な生活をしていこうかな?

 

SmartNewsに掲載された記事

 

読書好きの方には便利です!

www.myboomda.com

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!