三日坊主のマイブームだ

三日坊主のマイブームだ

読書、写真、ワイン、貯金、ブログ運営などマイブームと雑記のブログ

おひとりホテルの愉しみ_自分へのご褒美にできたらいいな


自分へのご褒美として、贅沢なホテルライフを体験する!?

f:id:ottopapa:20170817213714j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

さて、このところ「旅行」に関する本が「マイブーム」になっています。

今回は「旅行」の中でも、「ホテル」に関する本の話です。

本書、「おひとりホテルの愉しみ (光文社新書)」のタイトルを見た時には、なぜか勝手に「ビジネスホテル」を利用しての「愉しみ」と思い込んで、ひとり旅をする機会の参考にしてみようと思ってしみました。 

しかし、本書に描かれているホテルは、比較的ラグジュアリーなクラスのホテルの利用での、愉しみ方が多く、「自分へのご褒美」としては、賛否わかれるとこでしょう。

いつかは、男のひとり旅で、「豪華なホテル体験」もしてみたいと思いました。

 

おひとりホテルの愉しみ

おひとり様をホテルで愉しむ提案

昨今、都市における個人のライフスタイルは大きく変化し、「誰かと一緒」ではない、「ひとり」で過ごす時間が長くなってきている。

しかし、男性も女性も、本当に自由な時間を持てているだろうか?

(中略)

ホテルは最高の時間と空間を用意してくれている。

究極のリラックスから、観光、スパ、露天風呂、絶景まで進化するホテルの最新施設やサービスを紹介し、新しい「ひとりの愉しみ」を提案する。

引用:本書「おひとりホテルの愉しみ (光文社新書)」より

書籍データと著者略歴

書籍データ

  • 著者  富田昭次
  • 出版社 光文社
  • 発売日 2009年02月20日
  • 新書  333ページ

著者略歴

1954年東京都生まれ。立教大学社会学部卒業。ホテル専門誌の編集記者・編集長を経て独立後、ホテル・旅行作家の活動に入る。

主な著書

目次

はじめに

「おひとりホテル」のすすめ

第1章 最新ホテル事情-外資参入で広がる楽しみ方

  • 新聞が何誌もおかれたおひとり席
  • 話題のホテルを支える「ミスティーク」
  • (中略)

第2章 究極のくつろぎ-リラックス機能で楽しむ

  • 鳥のさえずる都市ホテル
  • 欧米のまねはやめよう
  • (中略)

第3章 アーバンリゾート-都市の中の最高級リゾート

  • 街の中でおひとりリゾート
  • お台場リゾートは船に乗って
  • (中略)

第4章 都市観光の拠点-ホテルから、街を再発見する

  • 激変する東京駅前
  • 日本の大動脈を眼下に
  • (中略)

第5章 最高の眠りを得るために-快眠ルームへの誘い

  • 「レム」という奇妙な名前のホテル
  • すべての時間と空間を、眠りのために
  • (中略)

第6章 一年に一度のご褒美ホテル

  • 裸で眺めた日比谷の交差点
  • 和風装飾の最新外資系ホテル
  • (中略)

ちょっと長めのエピローグ

「おひとりホテル」は思い出づくり

引用:本書「おひとりホテルの愉しみ (光文社新書)」より

要約・概要

ひとりの時間を豊かに過ごす、ホテルの愉しみ方を紹介。

特にスパをはじめホテルの施設をいかに利用するか。

今ではホテルでも大浴場付きもあるので入浴を楽しむ。

他にも豪華なホテルなど近くに泊まって、朝食だけその豪華ホテルで摂る。

などなど具体例をあげ紹介しています。

f:id:ottopapa:20170817213151j:plain

読後のメリット、印象や今後の自分への影響

正直、ホテルは好きです。独身の頃は国内・海外を問わず、ホテルのバーでお酒を飲むのが好きでした。特に高層階にあるホテルのバーから見える夜景が好きでデートの時には利用していました。(当時は、赤プリの「トップ・オブ・アカサカ」へよく行きました)

また、ひとりで過ごす時間も好きなので、その過ごす場所として「ホテル」はいいかもしれません。

ただし、本書「おひとりホテルの愉しみ 」の中で、紹介されているスパ利用の愉しみ方は、やはり豪華なホテルで体験したいものです。

理想は月に一度くらい、自分へのご褒美として、少し贅沢な体験もいいかもしれませんが、自分の価値観からいくと、1年に1回程度くらいしか体験できないご褒美かな。

是非、近い将来このブログで、「豪華ホテルお一人様スパ体験」などの記事が書けるといいな。

 

SmartNewsに掲載された記事

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!