三日坊主のマイブームだ

三日坊主のマイブームだ

読書、カメラ・写真、ワイン、TOEIC、貯金、ブログ運営などマイブームと雑記のブログ

50代男性、女子短大生と半日過ごし戸惑う!?

女子短大生でもタイプは様々だと実感した日

f:id:ottopapa:20170409212347j:plain

昨日、4月9日(日)に今春都内某女子短期大学へ入学した娘と半日を過ごした。

もともとは、自分の実父(娘にとっての祖父)の見舞いがメインだった。自分は見舞い前日より実家へ泊り、娘は当日自宅より病院へ来ることにして待ち合わせをすることにした。

 

タイトル

御見舞へ行き、雑談に付き合う

父親が誤陰性肺炎のため、入院をしている。また、他の病気もあり、いつどうなってもおかしくないと医者から言われている。そのため、今年の正月以来会っていない孫に会わせることにした。

 そして、病院では父親は孫である自分の娘と会えて嬉しそうだった。談話室的なところで、祖父と孫が多愛もない雑談を交わしている。

かなりの歯が抜けてしまった祖父の言葉に、一所懸命耳を傾けている孫としての我が娘をみたら、なかなか偉いなと感心した。

正直、何を言っているかわからないことの方が多い。他の病気の薬の影響か、幻覚を観るようだし、ボケも入っている。

それでも、そんな祖父に付き合ってあげている優しい娘の一面を見たような気がする。

実家へ行き、寿司を食べる

祖父の見舞いに、その他3名が合流。娘にとって、祖母・叔父(私の弟)・大叔母(私の叔母)の3名だ。

娘が子供(幼児)の頃から、「○○くん」と君付けで呼ぶ叔父とは仲がいい。50代の私の弟だから彼も40代なのに、娘から「○○くん」と呼ばれている。

そして、見舞い後「○○くん」と呼んでいる叔父から、合格祝いだからとお寿司をごちそうになることになった。

しかし、外食が諸事情で都合の悪い祖母のために自宅で食べることとなり、「楽天デリバリー 」を利用して、お寿司を注文。

その際に、叔父より18歳で今春から女子短大生になっている我が娘に「わさび抜きがいのか」との質問。娘は未だにわさび抜きがいいらしい。

父親としてはいつまでたっても子供だなと思った。でも、4対1でわさび抜き一人では迷惑と感じたらしく、わさびありの寿司を注文。

家電量販店へ行き、パソコンをみる

高校生まではあまりパソコンを使わない娘も、今春より短大生になった娘はパソコンを使う必要性がでていたようだ。

例えば学校からの連絡はメール。教科書の購入は学校のホームページより。レポート作成もパソコンを利用。

我が家にはパソコンは一台しかなく、しかも父親である私がほぼ独占状態。だから自分専用のパソコンが欲しくなったようだ。

そして、今日娘と二人だったので、実家からの帰り道、家電量販店へよりパソコンをみることにした。

パソコンについてあまり詳しくない娘へ、ノートパソコンと2in1タブレットなどの違いを説明しながら品物を物色。

普段あまり会話がないのに、パソコン関しては頼りにして聞いてくる。こちらとしては便利な使い方など教えてあげたいけど、娘はどちらかと言えばアナログ派。

レポートもパソコンで作成よりも、手書き&原稿用紙の方がいいらしい。

しかし、父親として威厳&会話アップのためにも「パソコン」を購入していろいろと質問をしてもらいたいものだ。

我が娘ながら、かなりパソコンには疎いと感じた。

雑貨屋で、腕時計を買う

パソコンをみた帰り、腕時計を見ることに。娘は時計を幾つか持っているが、短大生となり、普段使い出来る腕時計が欲しかったらしい。

それなりに良い腕時計は、就職時に購入するつもりでいたらしい。そして、雑貨屋で数千円の時計を購入。

選ぶ時も、「デザイン」「色」「値段」が判断基準らしかったので、「見やすさ」を加味するようアドバイス。

どちらかと言えば、地味なタイプの娘。いわゆる女の子らしい可愛いい感じのおしゃれな娘ではない。だけど、時計を選んでいる姿は乙女らしい雰囲気があった。身近にいても普段見ない姿だったような気がする。

サーティンワンでアイスを食べる

帰宅前に、二人でアイスを食べた。娘は子供の頃よりアイスが好き。特にサーティワンのアイスは大好物。小学生の頃までは二人で出かけるとよく店内で食べていた。

さすがに短大生となった今は父親と一緒にアイスを食べるとは思わなかったが、試しに「アイスごちそうしてあげるから食べる?」と聞いたらOKと即答。

50過ぎの父親と二人で座ってアイスを食べる女子短大生の娘。普通に考えればいない父娘の光景だと思う。

年頃の娘にとって、父親とアイスを食べるのに違和感・抵抗はないのか?あまりの無邪気さにかえって心配になってしまった。

 

半日、娘と二人だけの時間を過ごし、「女子短大生」になってもどこか幼さの残る我が娘を見ると、一般的な「女子大生」のイメージとかなりかけ離れていると思う。

でも、もしかしたら娘のような「女子大生」が今時の主流なのかな?と気になった日であった。

いろいろ思うところはあるが、娘と二人で一緒に居られて、会話もできよい日だった。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村