三日坊主のマイブームだ

三日坊主のマイブームだ

読書、写真、ワイン、貯金、ブログ運営などマイブームと雑記のブログ

読者さま紹介_No.211~No.220

読者登録者さまのご紹介!No.211ーNo.220

f:id:ottopapa:20170401195635j:plain

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

読者登録をしてくださった皆様、ありがとうございます。ブログ開設当時は読者登録者数もこまめにカウントしていました。しかし、残念なことに「読者登録をやめた」方もいます。

だから、ブログに表示される「読者数(現状)」と「登録者数」には多少の誤差があります。

そこで、「読者登録」をしてくださった方々をご紹介させていただきながら、自分でもあとで振り返られるように「登録者10名毎」にまとめていきたいと思います。

www.myboomda.com



2017年09月読書登録の方々

 

 

  読者登録No211_スギさん(id:sugi18)

スギさんは私より1か月早い2月からのブログスタートです。アニメから健康、人生、役だつことなど幅広く書かれています

www.sugi-yolo.com

  読者登録No212_ぶっださん(id:buddha01)

同じ今年3月からのブログスタートかな?ぶっださんの記事が3月7日付け、私のが3月6日付けが最初の記事ですからほぼ同じ時期のスタートです。記事投稿数ももうじき200です。私はさぼった時期があるのでその分記事数は少ないです。

ぶっださんは毎日欠かさず更新されているようなので凄いと思います。それにはてブやスター数もあるので見習いっていきたいと思います。

 

www.buddha01.ooo

 

  読者登録No213_ふみさん(id:fumi_md)

スマホ向けに個人制作ゲームアプリ作っているようです。ブログでちょっとカスタマイズをしてみたいと思っていてもHTMLやCSSなども使いこなせるわけでもない自分からしたら、「アプリが作れる」なんて尊敬してしまいます。

fumi-md.hatenablog.com

  読者登録No214_タカピコさん(id:takapiko0819)

2016年から時間をかけて更新をされているようです

takapiko.hatenablog.com

  読者登録No215_ことさん(id:kotoha0101)

7月下旬よりブログ開始のようです。9月10日に2児のパパさんになられたようです!おめでとうございます!育児に協力しないといけないでしょうから、ブログ更新もままならないかもしれませんが、「お子様の今」はこの時しかありません!ブログはいつでもできますよ!パパがんばってください!

www.kotoha0101.com

 

  読者登録No216_(id:hikarunya)

ご自身が読まれた本の中で「気に入った言葉」を紹介されているようです。ブログは2016年8月からの開始。もう1年以上継続さているなんて凄いです。見習いたいものです。

hikarunyan.hatenablog.com

  読者登録No217_オクーさん(id:okuu

コピーライターで吉祥寺にいらっしゃるようです。おすすめの本の紹介や書評など本関連の記事を書かれているようなので、スマートニュースでお会いする機会があるかもしれませんね!?

okuubook.hatenadiary.jp

  読者登録No218_ヒロキさん(id:hiroki0308)

ブログ歴は5年以上。しかもWordpress利用経験者。はてなブログには8月からご参加のようです。

kanousei.hatenablog.com

  読者登録No219_(id:y-funyapy)

8月下旬からブログをはじめられたようですが、開設1ヶ月未満なのに投稿数は80を超えています。かなりハイペースで投稿されているようです。安全地帯の頃の玉置さんは本当に格好良かったですね!

www.y-funyapy.com

  読者登録No220_cyu-koさん(id:cyu-ko)

7月下旬からブログをはじめられたようです。「おうちごはん」や「ダイエット」「外食」など女性ならではのカテゴリーが多いようです。

www.saigetu.com

 

以上10名の皆さん、読者登録ありがとうございました!

これからも定期的に読者登録してくださった方をご紹介させていただき、自分でもどんな方々に読んでいたたいているブログなのか時々振り返りたいと思います

今年12月末までに読者登録者300目指してがんばりたいと思います

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

 

A7メモ帳カバー対決!長所と短所

A7メモ専用カバー対決!ロディアNo.11とニーモシネ

f:id:ottopapa:20170917185112j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

私はA7サイズのメモ帳を利用しています。メモ帳自体の使いやすさなどの比較はこちらの記事をご覧ください。

www.myboomda.com

タイトル

      ロディア専用カバーとニーモシネ専用カバー

f:id:ottopapa:20170917185337j:image

私は日頃A7サイズのメモ帳を使っています。

1つは「RHODIA/ロディア No11」もう1つは「Mnemosyne/ニーモシネN179A」です。

そして、それぞれ専用カバーを購入しました。今回は私が使用している物の対決(レビュー)とします!※他の製品もあるでしょうから

 

      A7サイズメモ帳カバー比較

比  較 ロディア用カバー ニーモシネ用カバー
材質 イタリアンレザー ポリウレタン
外見 高級感 カジュアル
重量 やや思い 軽い
短所 傷つきやすい 特になし
収納 胸ポケット可 胸ポケット可
7種類
サイズ縦 115mm 116mm
サイズ横 84mm 86mm
サイズ厚   20mm
価格税込 3780円 1510円

 

購入先はこちら

ロディア専用カバー購入先」 

ニーモシネ専用カバー購入先 」

 

      カバーを入れ替えて使ってみた感想

ロディア専用カバーにニーモシネのA7メモ

ニーモシネ専用カバーにロディアのNo11を入れてみると、特に大差はないけど、「ロディア専用カバー」の方が若干横幅が短いので、メモをホルダーへセットする際に多少入れづらい。

特にA7サイズのメモ帳は「ロディア」や「ニーモシネ」にこだわらなくて、紙質も下げ、使い捨ての雑多メモを書くなら、コストパフォーマンスの100円均一のメモ帳でもいいかもしれません。

ただし、紙が薄く、厚さもあり、はじめはカバー(ホルダー)に収納できないので、あまりお薦めはできません。

 

      どちらのカバーをメインで使うか

私の場合、メモ帳自体も「ニーモシネ」の方が好みで、カバーも傷つきにくく、軽いのと肌触りがいいので、普段使いには「ニーモシネ専用カバー」と一緒に持ち歩き利用しています。

仕事でも特別な時にしか、「ロディア」の方は使っていません。

 

ロディアの方は「色が7色あった」「ネーム入れが無料だった」この点が「ロディア専用カバー」の良かった点です 。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

日光土産_日光甚五郎煎餅

日光土産と言えば、日光甚五郎煎餅!マイ人気No1

f:id:ottopapa:20170917110447j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

日光のお土産、いや全国のお土産でも欲しいもの、「マイお気に入り土産」No1と言えるくらい大好きな「石田屋の日光甚五郎煎餅」です。

日光へ行けば、どの土産店でも販売しいるこの薄黄色の包装紙は、一度は目にしたことがあると思います。

旅館やホテルのお茶菓子としても、お部屋で提供されていることもあります。

以前も「日光土産」を題材にした「日光土産_鬼平の羊羹本舗 」という記事を書きましたが今回は大好きな「日光甚五郎煎餅」についてご紹介させていただきます。

日光老舗名店会加盟店「日光甚五郎煎餅本舗」石田屋

      日光甚五郎煎餅とは

f:id:ottopapa:20170917110759j:image

日光といえば代表的なものは?

日光といえば、「東照宮」「三猿」「陽明門」「杉並木」「華厳の滝」「戦場ケ原」「竜頭滝」「湯滝」などいろいろと浮かぶものは多いと思います。関東在住の人なら、小学生の頃の「修学旅行」あるいは秋の「紅葉の見所」なども日光のイメージは簡単に思いつくでしょう!

 

さて、私が日光と言ってすぐに思いつくのは「日光甚五郎煎餅 」です。

日光甚五郎煎餅は日光東照宮の社殿に「ねむり猫」の至芸の彫刻を残された、名匠左甚五郎の名に因んで名付けられたものでございます。山紫水明の地日光の清浄な自然に囲まれ、創業九拾有余年の歴史を持った老舗石田屋が丹精込めて作り上げた味の名作でございます。米の味を最高に生かした独特の焼き上がりは、塩味の風味と相俟って格別のご好評を賜っており日光を代表する銘菓と自負しております。「日光甚五郎煎餅」を何卒心ゆくまでご賞味下さいませ。

 引用:「日光老舗名店会|日光甚五郎煎餅本舗 (株)石田屋」より

 

「日光甚五郎煎餅」はバター風味でソフトな塩味が絶妙なバランスで大好きなお煎餅です。以前娘の修学旅行のお土産に「パパには甚五郎煎餅ね」とリクエストしたくらいです。

 

      静かな店内でお茶と一緒に試食

f:id:ottopapa:20170917110205j:image

昼時でしたので、店内には他のお客様はいませんでした。静かな佇まいにある店舗に入り、様子をみていると女性店員が「お急ぎですか?お時間ございますか?」と訪ねてくれ、返事をしたら「お茶と煎餅」を出してくれた。もちろん、薄黄色のパッケージに包まれたバター風味の「日光甚五郎煎餅」も出してくれました。

宅配発送も行ってくれるようなので、化粧缶入りの大きなものなどは送ってしまうのも良いかもしれない。

 

      化粧缶入り2色入手造りセットを購入

普段は、平袋入りの「日光甚五郎煎餅」18枚入り540円(税込)を自分用土産に購入しますが、今回は当ブログでの紹介を意識して、缶入りの「醤油煎」と「日光甚五郎煎餅」がセットになっている22袋入りのて「手造りセット」1188円(税込)を購入しました。

f:id:ottopapa:20170917105151j:image

      日光甚五郎煎餅は有名だけど最初ではない!?

日光甚五郎煎餅と言えば、薄黄色のパッケージに包まれた、バター風味とソフトな塩味で味付けされ、軽くパリッと焼かれたお煎餅が有名です。

だから、あのお煎餅がそもそも石田屋さんの始まりかと思っていましたが、お店の女性に伺ったところ、実は「堅焼き甚五郎(下写真)」は始まりだそうです。

その話を聞き、ついでに購入をしてしまいました。

f:id:ottopapa:20170917105150j:image

      「日光甚五郎煎餅本舗㈱石田屋」店舗情報

f:id:ottopapa:20170917110210j:image

  • 店名 日光甚五郎煎餅本舗 株式会社 石田屋
  • 住所 栃木県日光市本町4-18
  • 電話   0288-53-1195
  • 営業   08時30分より17時00分まで
  • 定休 年中無休(本店のみ)

2017年東京銀座の「GINZA SIX」にも「甚五郎」という店舗を出店しています。日光へ行かなくても銀座へいくことがあればぜひ一度お立ち寄りしてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

50歳過ぎての「テツ」デビューも近い!?

鉄道ファンになる日も近い!?

f:id:ottopapa:20170917143646j:plain

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

先日「1ヶ月に8冊の本が読める方法とは?」という記事を書きました。おかげさまでスマートニュースにも久しぶりに載りました。

 

www.myboomda.com

ここでも書きましたが最近は「新書」を読むことがマイブームになっています。そして、この新書の中でも特に「鉄道」系の本を読み、「鉄道」に興味を持ちはじめてきたので、そのことについて書きます。

 

タイトル

    旅行に憧れていたはずなのに

8月に夏休みをとる前は仕事が忙しく、休む暇も殆どありませんでした。ブログ記事作成時間もとれないような日々の中、「旅行」なんてもちろん行けませんでした。

だから本の中だけでも「妄想旅行気分」を味わえるように「旅行」をテーマに選んで本を読むようにしてきました。

www.myboomda.com

www.myboomda.com

www.myboomda.com

 

旅行には欠かせない「交通機関」や「宿泊」関係の本を集中して読みました。

「お得な切符情報」「短期間でも工夫次第で旅行に行ける」など今までにない情報・アイディアを本から得て、いい刺激になっていました。

    「テツ分」保持者!?

どちらかと言えば、乗ることに関しては鉄道よりは飛行機の方が好きです。でも、「動き」としては「鉄道」「飛行機」「バス」など乗り物の動きを観ては子供の頃から「格好いい!」という思いは変わらないようです。

特に、滑走路を優雅に移動する「飛行機」。緩いカーブを曲がりながら向かってくる「鉄道」、等間隔で走行している複数台の「観光バス」などの「動き」は見惚れることもあります。

でも、だからどうの?こうの?ってことはないのですが、ここのところ「鉄道」に関しては、本を読み続けるうちに「何か特別な感情」を持つようになった気がします。

もしかしたら、『鉄ちゃん』『テツ』と呼ばれる「鉄道ファン」「鉄道マニア」「鉄道趣味」の方々と同じような気持ちが芽生えたのでは?

特に「テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅 (光文社新書)」を読んでからは、妙に「鉄道」に関してザワザワしています。きっと「テツ」の皆さんのことがなんとなく理解ができて、親近感を持つようになったからかもしれません。

www.myboomda.com

 

 

    鉄道ファンは羨ましい!

テツちゃんたちは4種類いる

  1. 「乗りテツ」は列車に乗ることに無上の喜びとするテツ
  2. 「撮りテツ」は列車の走行シーンを撮影することに生きがいを感じるテツ
  3. 「収集テツ」は切符やカードをはじめ鉄道部品や廃品などを大事に保存するテツ
  4. 「模型テツ」は「収集派」と「運転派」に分かれる

個人的には、列車の走行シーンは観ていて「格好いいなぁ」と思うことがある。だから自分がなるとしたら「撮りテツ」かな?

でも、電車に乗って、車窓を景色(風景)や駅舎、線路などを観ているだけでも、楽しめるテツちゃんたちは凄いし、鉄道ファン以外からの視点では「そんな(どうえもいいような)もの」と思われるようなものが「こんな(素晴らしい・貴重な)もの」となって感じられることはある意味では羨ましいと思います。

    今、一番読みたい鉄道系の本

今、無性に読んでみたいのでが、「鉄子の旅全6集完結セット (IKKI COMIX)」です。「鉄子」が世に広められるきかけとなった本のようです。筋金入りの鉄道ファンの男性と鉄道に興味を持っていなかった女性マンガ家が「鉄道そのもの」を目的とした旅にでかけ、その模様をマンガにしていく実録ものらしいです。

 

鉄子の旅全6集完結セット (IKKI COMIX)

鉄子の旅全6集完結セット (IKKI COMIX)

 

 この本(マンガ)を読んで、「女性漫画家」の立場となって、読み進めたら、自分がどのようになるか?(鉄道についてどう感じるか?)とても気になります。

近日中にマンガを購入して、読んでみようと思います。

 

    もしも、自分がテツになったら

  • 「大人の休日パス」や「青春18きっぷ」などを使いこなす!
  • ひとり旅で、「電車(乗車)」を楽しむ!
  • 旅行先で一人居酒屋へ行き、土地の美味しいものを食べる!
  • 鉄道や駅舎などの写真を撮る!
  • 「鉄ブロ」(鉄道ファン系ブログ)を書く!

もちろん、気合の入っている筋金入りのテツさまではなく、ゆる~い感じの「ソフト鉄おっちゃん」になっているかな

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

アメ横を歩いて感じたこと4つ

アメヤ横丁を上野から御徒町まで歩く

f:id:ottopapa:20170910085818j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

先日、久しぶりに御徒町へ行く用事があったので、待ち合わせの時間より少し早く向かい、手前の上野で電車を降りて、久しぶりにアメ横を歩いてみて感じたことを書きます。

御徒町での待ち合わせ後の行動はこちらの記事「御徒町・鶯谷・日暮里・西日暮里のはしご酒4軒 」もご覧ください。

www.myboomda.com

 

タイトル

    アメ横とは

f:id:ottopapa:20170910085701j:image

f:id:ottopapa:20170910085754j:image

「アメ横」東京都台東区にある「上野駅」と「御徒町駅」の間にある商店街の通称。「アメヤ横丁」とも呼ばれる。語源は諸説あるようです。興味のある方はお調べ下さい。

現在の「アメ横」はJR上野駅とJR御徒町駅の間、およそ500メートル程度の間に約4000店ほどの店舗があります。

主な店舗は「食品」特に魚介類や乾物が多く、「衣類」「宝飾」「雑貨」などのお店が軒を連ねています。

 

    アメ横はテイクアウト&イートインのお店が多くなった

f:id:ottopapa:20170910085732j:image

どうも今時の人と違い、昭和生まれの50代はスマホでお店や店先の商品を写真に撮る行為が苦手であり、抵抗があるためいい写真が撮れません。

(昔ながらの古い看板なども所々でみかけます)

アメ横を歩いて感じたことの1つめ

アメ横界隈は人混みがすごくて迷惑な行為になるかもしれないけど、手軽に食べられるものが結構多くある。

 

写真は中々撮れませんが、食べ歩きも出来るような「割り箸刺した果物(パイナップルやスイカ、メロンなど)」や「魚介類(エビやホタテ)など」もあります。

 

そして、店の軒下あたりに簡易テーブルや椅子を並べて、イートインできるお店が以前より増えた気がします。もちろん以前と行っても自分がよく遊んでいた頃なので20年以上も昔のことになりますが。。。

f:id:ottopapa:20170910085643j:image

また、早い時間から営業している飲み屋も多くあります。

 

御徒町あたりから秋葉原方面へ向かう道は、混雑もなくお店もそれほど混む時間帯ではないようでしたが、すでに飲み始めている人はいました。

f:id:ottopapa:20170910085625j:image

 

    海外からの観光客が多い

アメ横を歩いて感じたこと2つめ

小学生の頃は、年末にお正月の食材をアメ横に買いに来た覚えがあります。今から40年前くらいのことです。そして、年末にはアメ横の人だかり混雑さをテレビ中継もされていました。

それが先日歩いたアメ横は、海外からの観光客の割合が多くなって、スマホ片手に勝手に(?)店の商品を手に写真などを撮っている光景が目につきました。

 

      たまにはでかけないと町の変化に変化に気づかず

駅周辺も再開発などにより小奇麗に!

f:id:ottopapa:20170910085601j:image

何年御徒町へ行っていないのかな?御徒町の駅から秋葉原よりの方面はなんかきれいになっているし、モンベルの店舗があるなて知らなかった。

 

    スマホで写真を撮りブログに載せる!は苦手かな!?

レポート系記事は向かない!

正直に書くとこの記事はアップするの止めようかと思いましたが、今後このような記事を書く際の戒めとして載せることにします。

 

御徒町での待ち合わせまでに時間を作り、「アメ横」を題材にブログ記事を書こうと考えていましたが、行き当たりばったりで、写真もブログに使えそうなものはなく、文章ととイメージが合わないことを痛感しました!!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

ブログ村のランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村