三日坊主のマイブームだ

三日坊主のマイブームだ

読書、写真、ワイン、貯金、ブログ運営などマイブームと雑記のブログ

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか

ビジネスホテルも付加価値サービスの時代

f:id:ottopapa:20170819184555j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

東京では、2020年のオリンピック開催に向けて、ホテルの開業(予定も含む)が多くなっています。

豪華な内装や行き届いたサービスを提供してくれる、外資系のラグジュアリーホテルはもちろん、「レストラン」や「宴会場」などの施設を省き、「泊まること」に重点を置いた「宿泊特化型ホテル」の開業が目立つような気がします。

昔はビジネスホテルと言えば、出張のサラリーマン利用が多く利用しているイメージがあります。そして建物もなんとなく薄暗い、寂しい感じがするものでした。

しかし、最近では「東横イン」「ルートイン」「アパホテル」など、照明も明るく、小綺麗な感じのものが増えてきています。もちろん、利用者もサラリーマンに限らず、女性の利用も目立ちます。

そして、価格も手頃ですが、値引き合戦による集客ではなく、「温泉大浴場を併設」、「ポイントカードの導入」、「近隣施設の割引」など付加価値・アイディアによる差別化などをはかり、集客に励んでいいます。

 

そこで、今回は「ビジネスホテル」にまつわる裏話なども含めた内容が盛りだくさんな、「なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか」をご紹介します。

もし、ビジネスホテルに泊まる機会があれば、その時のお供におすすめの1冊です。

 

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか
  1. 様々なタイプから用途に合わせてホテルを選ぶ時代
  2. 書籍データと著者略歴
  3. 目次
  4. 要約概要
  5. 読後のメリット、印象や今後の自分への影響

様々なタイプから用途に合わせてホテルを選ぶ時代

ホテル業界の現在は、外資系の超豪華ラグジュアリークラスから、宿泊特化型のホテルまで様々なタイプのものがあり、われわれ利用者は自分の利用目的、予算、価値観などに合わせて使い分けができる時代です。

そのホテル業界の中でも、成長が著しい「ビジネスホテル」について書かれている本について書きます。

書籍データと著者略歴

書籍データ

  • 著者  牧野知弘
  • 出版社 祥伝社
  • 発売日 2012年10月10日
  • 新書  258ページ 

著者略暦

1959年アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒業。

ボストン・コンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。 

現在は、オラガHSC株式会社代表取締役としてホテルオーナーに対するアドバイザーの他、ホテル・不動産市場に関する論説、講演活動を展開。

主な著書

引用:「なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか」より

目次

はじめに

なぜ、人はホテルが好きなのか

第1章 現代日本の宿泊事情

  • 激変する旅館、成長するホテル
  • 不景気でも続々竣工するビジネスホテル
  • ホテル都市物語
  • 大手チェーンに席巻される地方ホテル
  • ピラミッドが崩れるホテル御三家

第2章 ホテルは人間動物図鑑

  • 私が目撃した、不思議な人たち
  • お客様はどろぼう様?
  • 従業員動物図鑑
  • 他人には言えないホテルの裏事情

第3章 コモディティ化するホテルの宿泊料金

  • ネットマーケットの恐怖
  • コモディティ化するホテルの宿泊料金
  • 口コミに怯えるホテル
  • ホテルのグレード、サービスと宿泊料金のつりあい
  • リッチ、目的によって異なるホテル選び

第4章 ホテル経費削減物語

  • ホテルは人件費のでんこ盛り
  • 「水」と「伝記」が費用を制する
  • 設備管理費という聖域
  • 減らしてよい経費、いけない経費

第5章 ホテルをプロデュースする

  • ホテルの運営形態と収支構造
  • 宿泊料金をプロデュースする
  • ホテルのB-LoHaS
  • こんなホテルにとまりたい

おわりに

ホテルの楽しさは永遠に

引用:「なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか」より

要約概要

ビジネスホテルは日本で生まれ、独自に進化を遂げて、現在も拡大し続けています。

本書は、そんなビジネスホテル業界の実態に迫り、ビジネスホテルが「なぜおいしい商売」なのかを明らかにしています。

また、ホテル業界に詳しい著者が日本のホテル現状を分析、お客様へに対しての企業努力を紹介している。

読後のメリット、印象や今後の自分への影響

私が読んで面白かったのは、本書「第2章 ホテルは人間動物図鑑」

  • 洗濯をしてしまう女性
  • 大人の夜のトラブル
  • 夜のチョウは捕まえられない
  • 従業員動物図鑑
  • 自殺はさりげなく処理

など、どちらかというと、裏話的なものがやはり興味がありました。

また、インターネットによる価格の下落、口コミによる過剰な反応など、今時のホテル事情も書かれていてます。

昔は、「価格優先だから、多少は仕方がない」という気持ちが利用者(宿泊者)のも多少なりともあったと思います。

しかし、現在では利用者から支持される条件は「B-LoHaS(ビーロハス)だそうです。

  • Bは、ブランド
  • Loは、ロケーション(立地)
  • Haは、ハード(施設等の設え)
  • Sは、ソフト(サービス)

これら4つのバランスよく組み合わさっていることが大切だそうです。

 

今後、ビジネスホテルを利用する際には、この点も気にしながら、また本書で書かれていたホテルの経費節減にも協力しようと思います。

ホテルが利用者(お客様)に委ねる費用は「水」と「電気」です。

自宅では「節水」「節電」に気をつけているならば、ホテルでも気をつけようと改めて思いました。

 

ホテル利用の多い方は「節水」「節電」を心がけて、ホテル滞在をお楽しむ下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

 

SmartNewsに掲載された記事

 

 

おひとりホテルの愉しみ_自分へのご褒美にできたらいいな

自分へのご褒美として、贅沢なホテルライフを体験する!?

f:id:ottopapa:20170817213714j:image

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

さて、このところ「旅行」に関する本が「マイブーム」になっています。

今回は「旅行」の中でも、「ホテル」に関する本の話です。

本書、「おひとりホテルの愉しみ (光文社新書)」のタイトルを見た時には、なぜか勝手に「ビジネスホテル」を利用しての「愉しみ」と思い込んで、ひとり旅をする機会の参考にしてみようと思ってしみました。 

しかし、本書に描かれているホテルは、比較的ラグジュアリーなクラスのホテルの利用での、愉しみ方が多く、「自分へのご褒美」としては、賛否わかれるとこでしょう。

いつかは、男のひとり旅で、「豪華なホテル体験」もしてみたいと思いました。

 

おひとりホテルの愉しみ

おひとり様をホテルで愉しむ提案

昨今、都市における個人のライフスタイルは大きく変化し、「誰かと一緒」ではない、「ひとり」で過ごす時間が長くなってきている。

しかし、男性も女性も、本当に自由な時間を持てているだろうか?

(中略)

ホテルは最高の時間と空間を用意してくれている。

究極のリラックスから、観光、スパ、露天風呂、絶景まで進化するホテルの最新施設やサービスを紹介し、新しい「ひとりの愉しみ」を提案する。

引用:本書「おひとりホテルの愉しみ (光文社新書)」より

書籍データと著者略歴

書籍データ

  • 著者  富田昭次
  • 出版社 光文社
  • 発売日 2009年02月20日
  • 新書  333ページ

著者略歴

1954年東京都生まれ。立教大学社会学部卒業。ホテル専門誌の編集記者・編集長を経て独立後、ホテル・旅行作家の活動に入る。

主な著書

目次

はじめに

「おひとりホテル」のすすめ

第1章 最新ホテル事情-外資参入で広がる楽しみ方

  • 新聞が何誌もおかれたおひとり席
  • 話題のホテルを支える「ミスティーク」
  • (中略)

第2章 究極のくつろぎ-リラックス機能で楽しむ

  • 鳥のさえずる都市ホテル
  • 欧米のまねはやめよう
  • (中略)

第3章 アーバンリゾート-都市の中の最高級リゾート

  • 街の中でおひとりリゾート
  • お台場リゾートは船に乗って
  • (中略)

第4章 都市観光の拠点-ホテルから、街を再発見する

  • 激変する東京駅前
  • 日本の大動脈を眼下に
  • (中略)

第5章 最高の眠りを得るために-快眠ルームへの誘い

  • 「レム」という奇妙な名前のホテル
  • すべての時間と空間を、眠りのために
  • (中略)

第6章 一年に一度のご褒美ホテル

  • 裸で眺めた日比谷の交差点
  • 和風装飾の最新外資系ホテル
  • (中略)

ちょっと長めのエピローグ

「おひとりホテル」は思い出づくり

引用:本書「おひとりホテルの愉しみ (光文社新書)」より

要約・概要

ひとりの時間を豊かに過ごす、ホテルの愉しみ方を紹介。

特にスパをはじめホテルの施設をいかに利用するか。

今ではホテルでも大浴場付きもあるので入浴を楽しむ。

他にも豪華なホテルなど近くに泊まって、朝食だけその豪華ホテルで摂る。

などなど具体例をあげ紹介しています。

f:id:ottopapa:20170817213151j:plain

読後のメリット、印象や今後の自分への影響

正直、ホテルは好きです。独身の頃は国内・海外を問わず、ホテルのバーでお酒を飲むのが好きでした。特に高層階にあるホテルのバーから見える夜景が好きでデートの時には利用していました。(当時は、赤プリの「トップ・オブ・アカサカ」へよく行きました)

また、ひとりで過ごす時間も好きなので、その過ごす場所として「ホテル」はいいかもしれません。

ただし、本書「おひとりホテルの愉しみ 」の中で、紹介されているスパ利用の愉しみ方は、やはり豪華なホテルで体験したいものです。

理想は月に一度くらい、自分へのご褒美として、少し贅沢な体験もいいかもしれませんが、自分の価値観からいくと、1年に1回程度くらいしか体験できないご褒美かな。

是非、近い将来このブログで、「豪華ホテルお一人様スパ体験」などの記事が書けるといいな。

 

SmartNewsに掲載された記事

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

東京バスの旅_路線バスで楽しむ東京散策

路線バスに乗り、東京を楽しむ厳選40コース

f:id:ottopapa:20170815122828j:plain

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

最近、「旅行」に関する本を立て続けに読んでいます。

 

今回ご紹介する「東京バスの旅 (文春新書)」は、中島るみ子さん、畑中三応子さんの女性お二人が分担執筆された本です。

 

「東京バスの旅」について

路線バスが定期観光バスに!?

普段、路線バスはあまり乗りません。用事があって実家へ行く時に使う程度です。だから、路線バスは単なる移動手段としてしか考えていませんでした。

でも、この「東京バスの旅 (文春新書)」を読んだら、その考えを改めなくてはいけないようです。

一日乗車券を使って、途中下車しながら、見ず知らずの街を散策するなんて、のんびりでき、「散歩的な観光」が楽しめそうです。

本書では、都内の厳選されたコースが40本も掲載されています。

路線バスの旅ガイドブックとして、本書片手に路線バスの旅を楽しんでみたいと思います。

書籍データと著者略歴

書籍データ

  • 著者  中島るみ子/畑中三応子
  • 出版社 文藝春秋
  • 発売日 2001年09月20日
  • 新書  270ページ

中島るみ子 著者略歴

1980年、中央公論社入社。その後フリーのライターとなり、「週刊文春」「婦人公論」「料理王国」などに旅や料理のルポを執筆。

引用:本書「東京バスの旅 (文春新書)」より

畑中三応子 著者略歴

1982年から中央公論社「シェフ・シリーズ」の編集に携わり、1995年から同誌、1996年からは「暮らしの設計」編集長。現在、「読売クック・ブック」他の編集のかたわら、各種の雑誌で料理に関する記事を執筆している。

引用:本書「東京バスの旅 (文春新書)」より

 

目次

第1部 都心南部

  • 大都会を貫く渋谷川・古川の橋巡り
  • 神宮から御苑へ、三大オアシスを結ぶ
  • 「花街」荒木町VS.「学生街」早稲田
  • 代官山でインターナショナルフード
  • サンマとお不動様の目黒そぞろ歩き
  • 坂を上ったり下ったりの御殿山・三田
  • (中略)

第2部 都心北部

  • 市ヶ谷と文豪の旧宅と目白”ハイソ”探索
  • 熟年パワーだ、巣鴨とげぬき地蔵界隈
  • (中略)

第3部 城東・城北

  • 向島七福神で幸せ祈願
  • 相撲と回向院の両国しらみつぶし
  • (中略)

第4部 城南・城西

  • 東海道品川宿の今と昔
  • 目黒で虫、世田谷でイヌ・ネコと仲良くなる
  • (中略)
  • 東京大仏を拝んだら旧中仙道板橋宿へ

このように4地域,各10コースを紹介しています。

要約・概要

東京の路線バス(都営・私鉄系を含む)のこんな利用の仕方があったなんて!路線バスは単なる移動手段としか考えていなかった自分には、この本を読んで「まるで定期観光バス」みたい!と改めて気づきました。路線バスを乗り継ぐだけでもこんなに楽しい旅ができると教えてくれる1冊です。

本書を読んで得られるメリットや印象的なこと

路線バスの見方が変わります。本書では厳選された40コースが紹介されていますが、路線バスの一日乗車券を利用して、お金をかけず東京散策が楽しめます。

東京近郊にお住まいなら、天気のいい日に急に何処かへ出かけたくなったら、本書片手に東京路線バスの旅はいかかがでしょうか?

本書「東京バスの旅 (文春新書)」を読んで各路線、まだまだ知らない土地があることを改めて認識させられました。

東京路線バスの旅ガイドブックとして、常に身近に置いておきたい本です。

 

SmartNewsに掲載された記事

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!

読書_2017年07月に読んだ本

7月に読んだ「旅行」関係以外の本

f:id:ottopapa:20170313212714j:plain

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

7月は出張が多く、とにかく忙しい日々でした。あまりに忙しくブログの更新もストップしていたような状態でした。

だから、現実逃避のため、せめて読書の中で「旅行気分を味わいたい」と思い、7月は「旅行」をテーマとした本を中心に読みました。

読んだ本は以下のとおりです。

  1. 新幹線・特急乗り放題パスで楽しむ50歳からの鉄道旅行 (だいわ文庫)

  2. 鉄道旅行 週末だけでこんなに行ける! (光文社新書)

  3. 鉄道旅行のたのしみ (角川文庫)

  4. 男なら、ひとり旅。 (PHP新書)

  5. 東京いいまち 一泊旅行 (光文社新書)

  6. 旨い定食 途中下車 (光文社新書)

  7. 食い道楽ひとり旅 (光文社新書)

  8. 極みのローカルグルメ旅 (光文社新書)

詳しくはこちらの記事「旅のスタイルは様々!自分にあった旅がしたくなる本8冊」をごらんください。

そして、「旅行」以外の本は、以前から図書館で予約待ちをしていた本が、手元に来ることになり、合わせて7月に読みました。

タイトル

 

天才

50代の自分は田中角栄さんが現役の総理大臣のころを記憶がある。しかもロッキード事件で世間を騒がせたことも当然記憶にある。

当時は子供であったため政界のことは全く別世界のことだけど、土建業の社長さんが日本の総理大臣になったということはなんとなく記憶している。

そんな田中角栄さんの人生そのものを凝縮した読み物としては、読み応えがあり、田中角栄という人物の一面を理解できる本です。

賛否両論あるしょうが、いい意味でこれだけリーダーシップをとれるアクの強い政治家は田中角栄さんくらいでしょう。

今では小沢一郎さんが、当時の田中角栄さんの面影のある政治家かもしれませんが、豪快さではものたりないと思います。

本のタイトルが「天才」とありますが、本書を読み進むうちにあり意味「天才」とは、この本の内容にあっている気がします。

 

 

1日5分「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

「できないこと」「できなかったこと」負の面を見ているだけでは人は落ち込みます。

「できたこと」プラスの面を見ていくと人は変われます。

本書「1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート」では、できたことノートを使い、日々のできたことを記録して週に一度振り返ることを薦めています。

具体的には

  • 毎日、その日にできたことを3つ程度書くだけです。
  • 週末に、「できたこと」の中から1つを選び振り返る内省文を書く

たったこれだけのことですが、毎日継続してやることは、意外と大変だと思います。

この種のことは何回もチャレンジしましたが、三日坊主の身としては継続できませんでした。

 

きっと、毎日継続して、週一度の振返り(分析)もしっかりやれば、何か得られるものがあることでしょう。

 

超・箇条書き

「短く、魅力的に伝える」箇条書きは誰でも簡単に書けるようだけど、その箇条書きの内容は自分自身や相手に正しく伝わっているか?

本書「超・箇条書き「10倍速く、魅力的に」伝える技術」では、「自分が後から読んでもわからないメモ」や「こちらの意図したことが相手に伝わらないメモ」などで困っている人たちの問題解決ができるように具体的例を挙げて紹介しています。

 箇条書きを書く時に「構造化」「物語化」「メッセージ化」を意識して書くだけで、相手への伝わり方が変わります。

 

ブログテーマを変更して再出発

ブログ休止から再開出発!?をして思うこと

f:id:ottopapa:20170529234623j:plain

どうも、三日坊主飽男 (@myboomda)です。

仕事が忙しい時期が過ぎ、夏休み中にブログの更新を再開しました。

そして、一から再出発の意味も込めて、ブログテーマを変更しました。

夏休みも今日で終わり、明日からまた仕事です。8月中は出張も多くないので、ブログの更新はできると思っています。

 

タイトル

ブログテーマ変更

とりあえず、今までのブログのテーマを変更はしたいと思っていたので、再開を機会に変更してみました。

今回利用させて頂いたのはテーマストアの中からこちら「ZENO-TEAL」です。この「TEAL」という色がきれいなので、以前から利用してみたいと思っていました。

そして、テーマの変更とともに「グローバルナビゲーション」も以下のカスタマイズを参考に付けてみました。

 

zeno-teal.hatenablog.com

テーマを変更して、『三日坊主のマイブームだ」も新たな気持ちでブログを更新・継続していきたいです。

読者さまへ

ブログの更新をしていないと、やはり「もう止めた!」と思われても仕方がないことです。自分でもちゃんと再開するか、多少は不安でした。

でも、こうして時間があれば、ブログを書くことはできるようです。

 

ブログの更新をせず、しばらく放置していた間、やはり訪問していただいた読者さまに、「放置した更新のないブログ」をご覧頂いことは本当に申し訳ないと思います。

 

ブログ開始から3ヶ月の間、一日平均アクセス数100前後まではあったのに、更新を

していない時期は、一日20未満でした。

 

でも、ここ数日おかげさまで、一日50くらいはアクセス数があります。本当にありがたいことです。

 

そして、ブログを更新していない間にも「読者登録」をしてくださった皆さん、本当にありがとうございます。

およそ70日も、まともな更新をしていない間に、約10名程度の読者登録がありました。

現在、あと7名で読者登録数も200名になります。なんとか今月中には200名達成ができるように、「読まれるブログ」を目指して更新・継続したいと思います。

先日、オマチさんのブログでこんな記事がありました。

www.omachil.club

 

「読者数のランキング」なんてものがあったなんて知りませんでした。250名程度の読者数があると1000位くらいにには入れるようです。(今のところ)

ブログを継続していると、読者の方も増えて、こういうランキングを目指す楽しみもできるようです。

 

年内に300名の読者獲得を目指して、ブログの更新に励みたいものです。

 

 

復活させたい!SmartNewsへの掲載!

以前、こちらの記事「スマートニュースに掲載されるか?試してみたいこと4つ 」で書いたことを、なんとか年内に達成させたいです。

www.myboomda.com

ブログ再開後、2日連続で「読書」ネタの記事を書きましたが、やはりSmartNewsへの掲載はなりませんでした。

きっと、今までは日々更新していて、しかも記事掲載後、読者の方からブックマークをつけていただくのも短時間だったため、SmartNewsへの掲載があったのだと思います。

 

また、これから地道に更新を継続して、年内にSmartNews掲載10回を達成させたいと思います。

 

SmartNewsに掲載された記事

ブログを楽しむ

当初、「3ヶ月100記事毎日更新」を目指し、取り組んできましたが、仕事が忙しくなってくるときもちもにも時間にも余裕がなくなり、どこか”義務感”的な感じで100記事を迎えたような気がします。

これからまた9月に入り12月上旬までは、出張が増え、何かと多忙な日々になります。今夏の繁忙期の反省をし、あまりムリのない範囲で、楽しみながら更新を継続したいものです。

 

年内までの目標

8月も中盤に入り、例年9月がスタートすれば12月まではあっという間に終ってしまう、忙しさです。

そこで、あと4ヶ月程度の年末までにこのブログで達成させたい目標を掲げておこうと思います。

  1. 記事投稿数: 200記事。現在127記事(駄文含む、駄文は後日削除する)
  2. 読者数:   300名。
  3. SmartNews: 掲載10回 
  4. 報酬:    Googleより1回は振込欲しいです(現在基準額91%です) 

 

 

 最後までお読み頂き、ありがとうございます!

次回更新時に再度ご訪問いただければ幸いです!